連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

日本のセクハラ、世界どう見る 企業や政界、男女格差大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <access>

 財務省の福田淳一事務次官によるテレビ朝日の女性社員へのセクハラ疑惑が、海外でも注目されている。女性の地位が先進国の中で著しく低く、性的嫌がらせが横行する日本の現状は、外国からどう見えるのか。

 霞が関の最強官庁の事務方トップが「浮気しよう」「胸触っていい?」などセクハラ発言を繰り返したとされる疑惑を、外国メディアも活発に報じた。

 「日本では著名人のセクハラ問題が報道されることはまれで、被害者は非難を恐れ告発に消極的だ。安倍政権は女性活躍を掲げるが、企業や政界のジェンダーギャップ(男女格差)は大きい」(英ロイター通信)

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1030文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集