メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
京大の島

無断上陸横行 レジャー客ごみ投棄、生態系に影響 和歌山・白浜沖無人島

畠島に放置されたレジャーゴミ=京都大学瀬戸臨海実験所提供

 京都大が研究用の実験地として所有する和歌山県白浜町沖の無人島「畠島(はたけじま)」で、無断上陸やごみの不法投棄が後を絶たず、対応に苦慮している。管理する京大瀬戸臨海実験所(同町)は生態系に深刻な影響が出るとして今年3月から、レジャー客の上陸禁止を伝える新聞広告を掲載。釣りなどで規制を意識せず利用してきた地元住民もおり、戸惑いも広がっている。【菅沼舞】

 畠島は田辺湾に浮かび、陸地から約600メートルの距離にある。面積は約2・6ヘクタールで干潮時に陸地…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文882文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 勝敗は細部にあり 好走塁光る仙台育英、6歩のリードに見る須江監督の教え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです