メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琴電

赤い車体模して…京急そのもののラッピング車両登場

京浜急行塗装のラッピング広告を施された元京急車両の琴電車両=高松市の琴電仏生山駅で、2018年4月16日午前9時54分、植松晃一撮影

 京浜急行電鉄(京急、東京都)から譲渡された車両を運行する高松琴平電鉄(琴電、高松市)で、京急の赤い車体を模した全面ラッピング車両が登場した。

 京急の羽田空港乗り入れから今秋で20周年となり、利用を促そうと京急が企画。大阪や長崎など各地の鉄道会社と組み、京急カラーのラッピング電車を走らせている。

 中でも琴電は1960年代から京急を走っ…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです