メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・中3自殺

「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表

メモの存在について説明する神戸市教委の後藤徹也・教育次長(中央)ら=神戸市役所で2018年4月22日、目野創撮影

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中3年の女子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、神戸市教委は22日、第三者委員会の調査報告書で「破棄された」としていた自殺直後の同級生らへの聞き取りメモが、学校内にあったと発表した。遺族は、いじめの有無などを尋ねた聞き取りメモの確認を求めていたが、市教委は応じていなかった。市教委は経緯を調査し、5月中旬に結果を発表する予定。

 市教委によると、自殺5日後の同年10月11日、教員3人が女子生徒と親しかった同級生ら生徒6人に行っ…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1151文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです