メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

17歳の素根 初出場V 全日本女子選手権

準決勝で朝比奈(右)を攻める素根=横浜市中区の横浜文化体育館で2018年4月22日、宮間俊樹撮影

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が22日、世界選手権(9月、バクー)78キロ超級の代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、17歳の素根輝(あきら)=福岡・南筑高=が史上初めて、初出場で初優勝を果たした。素根は準決勝で昨年の同階級世界選手権2位の朝比奈沙羅(パーク24)を破り、決勝で冨田若春(コマツ)を退けた。高校生の優勝は、2004年アテネ五輪78キロ級金メダリストの阿武教子さんが2連覇した1994年以来24年ぶり。

 全日本柔道連盟は大会終了後に強化委員会を開き、世界選手権の代表に国際大会の実績を重視して、朝比奈を…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです