メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

17歳の素根 初出場V 全日本女子選手権

準決勝で朝比奈(右)を攻める素根=横浜市中区の横浜文化体育館で2018年4月22日、宮間俊樹撮影

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が22日、世界選手権(9月、バクー)78キロ超級の代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、17歳の素根輝(あきら)=福岡・南筑高=が史上初めて、初出場で初優勝を果たした。素根は準決勝で昨年の同階級世界選手権2位の朝比奈沙羅(パーク24)を破り、決勝で冨田若春(コマツ)を退けた。高校生の優勝は、2004年アテネ五輪78キロ級金メダリストの阿武教子さんが2連覇した1994年以来24年ぶり。

 全日本柔道連盟は大会終了後に強化委員会を開き、世界選手権の代表に国際大会の実績を重視して、朝比奈を…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです