メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性専用車両

トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

女性専用車両はラッシュ時の痴漢対策が主な目的だが……

 電車の女性専用車両に男性があえて乗り込み、トラブルになるケースが起きている。「男性に対する差別だ」と主張し、女性客と口論する動画もインターネットに投稿されている。こうした動きに反対する市民団体が24日、男性の乗り込みを明確に禁止する要望書を東京メトロ(本社・東京都台東区)に提出した。【川上珠実】

 「女性専用車両に男性が乗っている」。東京メトロ根津駅(文京区)で2月16日午前8時過ぎ、乗客の女性から駅員に連絡があった。駅員が駆けつけると、男性3人がホーム上で複数の女性と口論していた。男性らは「女性専用車両は任意のはずなのに降りるよう言われた」と主張した。トラブルの影響で電車は約15分遅延した。阪急京都線でも2月ごろ、複数の男性が女性専用車両に乗り、「女性専用車両は誰でも乗っていい」と大声で話した。阪急側が110番し、桂駅(京都市)から警察官が乗車。電車から降りるよう説得したが、男性らは拒み、電車は約10分遅延した。

 東京メトロ広報部の担当者は「男性が乗車しても無理に降ろすことはないが、利用者が安心して乗車できるように協力をお願いしている」と話す。阪急電鉄広報部の担当者は「男性の乗車は以前からあったが、声を荒らげてアピールするなどエスカレートしている」と困惑する。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです