メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性専用車両

トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

女性専用車両はラッシュ時の痴漢対策が主な目的だが……

 電車の女性専用車両に男性があえて乗り込み、トラブルになるケースが起きている。「男性に対する差別だ」と主張し、女性客と口論する動画もインターネットに投稿されている。こうした動きに反対する市民団体が24日、男性の乗り込みを明確に禁止する要望書を東京メトロ(本社・東京都台東区)に提出した。【川上珠実】

「悪質行為、明確なルールを」

 「女性専用車両に男性が乗っている」。東京メトロ根津駅(文京区)で2月16日午前8時過ぎ、乗客の女性から駅員に連絡があった。駅員が駆けつけると、男性3人がホーム上で複数の女性と口論していた。男性らは「女性専用車両は任意のはずなのに降りるよう言われた」と主張した。トラブルの影響で電車は約15分遅延した。阪急京都線でも2月ごろ、複数の男性が女性専用車両に乗り、「女性専用車両は誰でも乗っていい」と大声で話した。阪急側が110番し、桂駅(京都市)から警察官が乗車。電車から降りるよう説得したが、男性らは拒み、電車は約10分遅延した。

 東京メトロ広報部の担当者は「男性が乗車しても無理に降ろすことはないが、利用者が安心して乗車できるよ…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです