東日本大震災

福島第1原発事故 大熊町の一部で準備宿泊始まる 来春の帰還に向け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大川原地区と中屋敷地区
大川原地区と中屋敷地区

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町の一部地域で24日、住民が帰還に向けて自宅などに泊まれる「準備宿泊」が始まった。第1原発が立地する大熊、双葉両町では初めて。町などが来春を目指している対象地域の避難指示解除まで続ける。

 対象は居住制限区域(年間積算放射線量20ミリシーベルト超50ミリシーベ…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

注目の特集