東日本大震災

福島第1原発事故 2回目の試験焼却 農林業系汚染廃棄物、家庭ゴミと混ぜて 角田・仙南 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故で生じた通常の廃棄物として処分できる国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の農林業系汚染廃棄物の試験焼却の準備が23日、角田市の仙南クリーンセンターで始まった。仙南地区では2回目となる。

 先月20日には、1回目の試験焼却として、白石市で保管していた1キロ当たり100ベクレル以下のほだ木の焼却を同センターで実施した。その際、…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集