メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/19 紀伊半島の探検家群像/1 絵師・野呂介石、大台ケ原へ /奈良

 吉野や熊野など紀伊半島の山は、急峻(きゅうしゅん)で奥深いことで知られる。今でこそ細部の地図も作られているが、長く人を寄せつけなかった森も少なくない。そんな秘境に分け入り探検した人々の姿を紹介したい。

 まず紀伊半島の中でもとくに秘境の趣の強い大台ケ原に入った人を取り上げる。

 最初の大台ケ原登山者は、1608年に入山した天台宗の僧侶、丹誠上人だとされる。ただ詳しい記録はない。

 意外な人物が大台ケ原を詳しく探検していた。野呂介石である。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1014文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
  5. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]