メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/19 紀伊半島の探検家群像/1 絵師・野呂介石、大台ケ原へ /奈良

 吉野や熊野など紀伊半島の山は、急峻(きゅうしゅん)で奥深いことで知られる。今でこそ細部の地図も作られているが、長く人を寄せつけなかった森も少なくない。そんな秘境に分け入り探検した人々の姿を紹介したい。

 まず紀伊半島の中でもとくに秘境の趣の強い大台ケ原に入った人を取り上げる。

 最初の大台ケ原登山者は、1608年に入山した天台宗の僧侶、丹誠上人だとされる。ただ詳しい記録はない。

 意外な人物が大台ケ原を詳しく探検していた。野呂介石である。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  2. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  3. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. 元タレント羽賀研二受刑者を逮捕 強制執行妨害の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです