メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市

OECDの持続可能な開発目標推進 アジアで初のモデル都市に 気候変動などの取り組み調査 /福岡

 北九州市と経済協力開発機構(OECD、本部=パリ)は23日、持続可能な開発目標(SDGs)推進のモデル都市としてアジアで初めて同市が選ばれたと発表した。エネルギー問題や気候変動などに対する市の取り組みを調査、分析して都市レベルでのSDGs推進に向けた指標を作り、世界に発信する。【下原知広】

 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に盛り込まれた目標。推進のモデル都市にはドイツ・ボン市やイタリア・トスカーナ州など、欧…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです