石木ダム訴訟

佐世保市が反論姿勢示す /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダム事業で、水没予定地の地権者や支援者が県と市に対して工事差し止めを求めた訴訟の第5回口頭弁論が23日、長崎地裁佐世保支部(渡辺英夫裁判長)であった。地権者側は改めて利水、治水両面でダムは不要と主張した。

 地権者側は佐世保市の水需要予測に根拠がなく、ダムの計画規模…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

あわせて読みたい

ニュース特集