海賊版サイト

NTTが遮断 「漫画著作権を保護」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NTTグループは23日、ネット上で漫画や雑誌を無料で読める海賊版サイトへの接続遮断(ブロッキング)を実施すると発表した。著作権保護などを理由に、国内のインターネット接続業者(プロバイダー)に特定の海賊版サイトへの接続遮断を求めた政府の緊急決定を踏まえたもので、実施を表明したのはNTTが初。他の業者も追随する可能性がある。ただ、ネットの業界団体などからは「通信の秘密を侵害する」などと反対意見が出ており、議論を呼びそうだ。

 接続遮断をするのは、NTTグループでプロバイダー事業を行っているNTTコミュニケーションズ▽NTTドコモ▽NTTぷらら--の3社。政府が特に悪質と指摘した「漫画村」「Anitube」「Miomio」の3サイトを対象とし、準備が整い次第実施する。NTTは、法制度が整備されるまでの緊急措置とし、「著作権を保護し、作者の利益を守ることが適切と判断した」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文648文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集