メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7外相会合

欧州側、米をけん制 イラン核合意「履行は不可欠」

 【トロント高本耕太】主要7カ国(G7)外相会合が22日、カナダ・トロントで開かれ、北朝鮮の核・ミサイル問題や対ロシア政策を中心に協議した。イラン核合意を巡っては「合意維持」の重要性を訴える発言が相次ぎ、破棄・離脱を強く示唆するトランプ米政権をけん制する構図となった。23日に共同声明を採択し閉幕する予定だ。

 北朝鮮問題では、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験凍結などの発表に対し「前向きな動きと歓迎…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです