メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

河野太郎氏/下 「ツバメ号」シリーズ(アーサー・ランサム全集) 海洋冒険、今も憧れ

「政治家の愛読書(仮)」河野太郎外相=東京都千代田区で2018年4月3日、根岸基弘撮影

 小学生の頃に読み、今でも何もすることがない日曜日に読み返したりする本だ。

 第1巻の「ツバメ号とアマゾン号」は母親が買ってきた。兄弟姉妹がヨットで湖の無人島に行く物語。父親は海外にいる海軍軍人でほとんど家にいないが存在感がある。うちと似ていた。主人公の長男が電報で「子供だけで行ってもよいか」とたずね、父親は信頼して許可する。うちも米国留学の時は「行け」という感じだった。おやじ(河野洋平元衆院議長)から「ちゃんとやるだろう」と思われているから、こっちも「ちゃんとやらなきゃ」と思っていた。自分も3人兄弟の長男。主人公の弟妹への責任感に共感する部分もあった。

 操船方法が詳しく書かれていたのも面白く、全集を小遣いでそろえた。帆船小説を読みあさり、(18世紀末が舞台の海戦小説)「ホーンブロワー」シリーズを「海軍士官候補生」から最後まで読んだ。翻訳モノを読むきっかけでもあり、(少年向けの傑作)「第九軍団のワシ」も英国湖水地方という舞台がツバメ号の舞台と近かったので読んだ。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです