メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域活性化フォーラム

「森林が支える、いのちと暮らし」

パネルディスカッションでは、活発な討論が展開された

 地域活性化フォーラム「森林が支える、いのちと暮らし」(公益社団法人国土緑化推進機構、毎日新聞社主催、東京農業大共催、林野庁後援)が3月4日、東京都世田谷区の東京農業大学で開かれた。生命誌研究者の中村桂子さんと、NPO法人森は海の恋人の畠山重篤理事長がそれぞれ基調講演。続いて、畠山さんをはじめ、日本産天然精油連絡協議会専務理事の稲本正さん、林野庁国有林野部長の本郷浩二さん、同大教授の宮林茂幸さんの4人によるパネルディスカッション(コーディネーターは斗ケ沢秀俊毎日新聞社健康医療・環境本部長)が行われ、生命を育む森林の保全の意義などを話し合った(肩書は開催時)。【山本悟】

この記事は有料記事です。

残り3421文字(全文3708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです