メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク バッハ氏、平壌訪問 政治利用、五輪離れ加速=友添秀則

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が3月末、平壌を訪れ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談した。2月の平昌五輪で韓国と北朝鮮の「南北融和」を演出したことに続く政治的な行動だった。IOCによる五輪の政治的利用は前代未聞のことだ。バッハ氏は五輪を違う次元に変質させようとしている。

 これまで五輪は政治から利用され、被害を受ける側だった。代表例には、冷戦構造下の1980年モスクワ、84年ロサンゼルス大会で東西諸国がボイコットの応酬をしたことなどが挙げられる。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです