メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク バッハ氏、平壌訪問 政治利用、五輪離れ加速=友添秀則

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が3月末、平壌を訪れ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談した。2月の平昌五輪で韓国と北朝鮮の「南北融和」を演出したことに続く政治的な行動だった。IOCによる五輪の政治的利用は前代未聞のことだ。バッハ氏は五輪を違う次元に変質させようとしている。

 これまで五輪は政治から利用され、被害を受ける側だった。代表例には、冷戦構造下の1980年モスクワ、…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  3. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  4. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです