メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

気負わず臆さず落ち着いて 面接 五つのポイント

え・葛西りいち

 今回のテーマは「面接」です。2019年卒就活も面接に入る方が増えつつあります。そこで、面接の内実について、五つの項目を追ってご紹介していきましょう。

 1点目は「聞かれた質問に忠実」です。簡単なようですが、意外とできていない学生が多くいます。

 「東洋大学社会学部の石渡嶺司です。独自性を追求することでは誰にも負けません。趣味は読書と旅行です。本日はよろしくお願いします」

 という自己紹介があったとします。これが単に「自己紹介をお願いします」なら問題ありません。しかし、「大学名とお名前をお願いします」だったらどうでしょうか。明らかに話しすぎです。質問には忠実に答えていくのが面接の大原則です。

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 「新しい県政を、の思いにしっかりと応える」 三反園氏破り鹿児島知事選に当選の塩田氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです