メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

非正規格差訴訟 統一判断6月1日

 同じ仕事内容なのに正社員だけに支給される手当があるのは不当だとして、浜松市の物流会社「ハマキョウレックス」の契約社員が手当の支給を求めた訴訟の上告審弁論が23日、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)であり、小法廷は6月1日に判決を言い渡すと決めた。

 労働契約法20条は、無期雇用の社員と有期雇用の社員について、仕事内容が同じであれば労働条件に「不合理な格差」があってはならないと定めている。判決日は20日に上告審弁論があった定年後の再雇用の賃下げを巡る「長沢運輸」訴訟と同じで、最高裁は2件の判決で「不合理な格差」の考え方などについて統一判断を示すと見られる。

 原告は、半年更新の契約社員の運転手として働く滋賀県彦根市の池田正彦さん(55)。正社員だけに支給さ…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです