メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蒸気機関車

汽笛、再び鳴り響け! 修理「アイアンホース」札幌へ移送 北海道・小樽

 北海道の小樽市総合博物館で、動かせる状態で保存している蒸気機関車「アイアンホース号」が23日、修理のため札幌市内の車両修理工場へトレーラーで移送された。7月下旬の運行再開を目指している。修理費をクラウドファンディングで募っている同館は、「小樽に蒸気機関車復活の汽笛を鳴り響かせよう」と呼びかけている。

 アイアンホース号は1909年製。道内初の鉄道(小樽市手宮-札幌間)で使用された蒸気機関車「しづか号」と同じ米ポーター社の製造という。96年から館内のコースを運行し、人気を集めている。昨年10月、ボイラー部分の金属疲労で水漏れが見つかり、運行を中止していた。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  4. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  5. ORICON NEWS 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表 ヒロイン役オーディションも取り止め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです