メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

「名探偵コナン」劇場版新作がV2 「レディ・プレイヤー1」は2位、「いぬやしき」は5位

劇場版アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」のビジュアル (C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 23日に発表された21、22日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)が2週連続で首位を獲得した。土日2日間で約62万人を動員、興行収入は約8億2000万円を記録し、2位以下と大きく差を付ける結果となった。22日までの累計では、動員で247万人、興行収入で32億円を突破している。

 続く2位は、スティーブン・スピルバーグ監督のSFアドベンチャー「レディ・プレイヤー1」が初登場でランクイン。土日2日間で動員は約21万5000人、興行収入は約3億6800万円だった。同じく初登場作品では、お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さんと俳優の佐藤健さんがダブル主演した映画「いぬやしき」(佐藤信介監督)が5位スタートを切った。動員で約9万1000人、興行収入で約1億2400万円を上げた。また、「映画 けいおん!」「映画 聲(こえ)の形」などの山田尚子さんが監督を務めた劇場版アニメ「リズと青い鳥」は、惜しくも11位発進となった。

 興行収入では、今回4位の「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ共同監督)が42億円、6位の「ボス・ベイビー」(トム・マクグラス監督)が30億円をそれぞれ突破している。

 1位 名探偵コナン ゼロの執行人

 2位 レディ・プレイヤー1

 3位 映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

 4位 リメンバー・ミー

 5位 いぬやしき

 6位 ボス・ベイビー

 7位 パシフィック・リム:アップライジング

 8位 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

 9位 グレイテスト・ショーマン

 10位 映画ドラえもん のび太の宝島

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです