メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

顔認証

金融機関で続々 本人確認、高精度に

三井住友FGが導入した生体認証アプリ。IDやパスワードの代わりに顔認証で本人確認できる=千葉市美浜区で2017年10月2日午後3時27分、長谷川直亮撮影

 スマートフォンのカメラなどで顔の特徴を読み取り、本人確認する「顔認証」の導入が金融機関で相次いでいる。偽造やなりすましが困難で、パスワードのように忘れるリスクも無いことから、IT(情報技術)と金融を融合させたフィンテックの取り組みとして利用が広がりそうだ。

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)傘下の消費者金融、SMBCモビットは今年3月、スマホアプリへのログインや借入時の本人確認に顔認証を導入した。事前に登録した個人情報と、顔、声、指紋のうち二つの組み合わせで本人と確認する。

 この技術は、三井住友FG子会社のフィンテックベンチャー「ポラリファイ」が開発した。日本生命は23日、ポラリファイの技術を採用し、生保業界で初めてスマホアプリに顔認証を導入すると明らかにした。アプリへのログインや、将来的に住所変更手続きなどができるようにする。

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです