NTTサイト遮断

業界に波紋 法的根拠なし、識者ら懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NTTグループが23日、ネット上で漫画などを無料で読める海賊版サイトへの接続を遮断すると発表し、業界に波紋を広げている。政府が決めたネット海賊版緊急対策を受けた措置だが、法的な根拠を欠いたままの接続遮断は憲法が定めた「通信の秘密」に抵触する恐れが指摘される。今後はKDDIやソフトバンクの対応が注目されるが、両社ともNTTがこれほど早く接続遮断に踏み込むと想定しておらず、戸惑いもうかがえる。

 「接続遮断に関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置」。NTTは発表文で、一時的な対応であることを強調した。業界団体の推計では、「漫画村」など海賊版3サイトによる著作権侵害の損害額は約4000億円。深刻な被害が出ており、対策を急ぐ必要があると判断したと見られる。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文987文字)

あわせて読みたい

注目の特集