メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7外相会合

欧州側、米をけん制 イラン核合意で

 【トロント高本耕太】主要7カ国(G7)外相会合が22日、カナダ・トロントで開かれ、北朝鮮の核・ミサイル問題や対ロシア政策を中心に協議した。イラン核合意を巡っては「合意維持」の重要性を訴える発言が相次ぎ、破棄・離脱を強く示唆するトランプ米政権をけん制する構図となった。23日に共同声明を採択し閉幕する予定だ。

 北朝鮮問題では、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験凍結などの発表に対し「前向きな動きと歓迎…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです