メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外夏の甲子園 履正社が初優勝、星稜・奥川を攻略
JIS

「安全色」13年ぶり改正 色覚障害者に配慮

上が改正前の安全色。下の改正後の安全色は黄みを上げたり、明度をやや上げるなどしてある=新JIS安全色普及委員会のウェブサイトより

 事故防止や緊急避難を知らせる標識に使われる日本工業規格(JIS)の「安全色」が、13年ぶりに改正された。色覚に障害がある人も含め誰もが識別しやすい「ユニバーサルデザインカラー」になり、経済産業省は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け普及を図る。

 JISが定める安全色は、赤▽黄赤▽黄▽緑▽青▽赤紫--の6種類で「火気厳禁」「足元注意」「非常口」などの標識に使われている。ただ従来の定義では、一部の人には、赤が暗くて黒と紛らわしい、青と…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 韓国大統領が光復節の演説 日本へ対話による解決呼びかけ

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  5. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです