メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JIS

「安全色」13年ぶり改正 色覚障害者に配慮

上が改正前の安全色。下の改正後の安全色は黄みを上げたり、明度をやや上げるなどしてある=新JIS安全色普及委員会のウェブサイトより

 事故防止や緊急避難を知らせる標識に使われる日本工業規格(JIS)の「安全色」が、13年ぶりに改正された。色覚に障害がある人も含め誰もが識別しやすい「ユニバーサルデザインカラー」になり、経済産業省は2020年の東京五輪・パラリンピックに向け普及を図る。

 JISが定める安全色は、赤▽黄赤▽黄▽緑▽青▽赤紫--の6種類で「火気厳禁」「足元注意」「非常口」などの標識に使われている。ただ従来の定義では、一部の人には、赤が暗くて黒と紛らわしい、青と…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです