メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

沖縄で絶滅危惧種コウモリ確認 旧米軍訓練場

 京都大大学院情報学研究科コウモリ生態学のチームは23日、沖縄本島北部で米軍から2016年12月に部分返還された旧北部訓練場で、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているヤンバルホオヒゲコウモリを確認したと発表した。1996年に発見された固有種で、これまで沖縄本島と鹿児島県の徳之島、奄美大島で数個体しか報告例がなかった。

 生態はほとんど分かっておらず、今回得られたデータを基に解明していくという。鳴き声を録音し公開した。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです