メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健保組合

23%で解散の恐れ 高齢者分の負担増大

健保組合の年間保険料負担と平均保険料率の推移

 健康保険組合連合会(健保連)は23日、大企業の会社員らが加入する健保組合の今年度予算集計を公表した。赤字になるのは1389組合の6割超。平均保険料率は前年度比0.051ポイント増の9.215%と11年連続で上昇し、約23%の313組合は中小企業向けの協会けんぽの保険料率(平均10%)を上回って解散してもおかしくない状況にある。高齢者医療への負担の増大が財政悪化の要因で、解散が広がれば、協会けんぽへの補助金として税金の投入も膨らむ見通しだ。

 健保連によると、組合員が納める保険料の総額は、前年度比2.07%増の8兆1010億円。このうち約半…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  2. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  3. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  4. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  5. みんなの広場 万博開催、本当に必要なのか=マンション管理員・村山雅昭・76

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです