メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古海上警備

防衛省と業者関係に疑問 過大請求も契約

抗議活動のカヌーを排除する海上保安官=沖縄県名護市の辺野古沖で2015年3月2日、本社ヘリから須賀川理撮影

 沖縄県名護市辺野古では、2014年の着工以降、移設反対派がカヌーなどで抗議活動を展開する。防衛省の説明によると、民間業者に海上警備を発注する理由は、逮捕権がある海上保安庁と反対派が本格的に衝突する事態を防ぐためだ。しかし、公金である警備費を過大請求した警備業者との契約を続けた同省の姿勢には疑問が残る。

 15年に元請けの大成建設が作成した「海上警備計画書」によると、警備の目的は「工事に伴い設定される作…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 風知草 身もフタもない=山田孝男
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]