メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古海上警備

防衛省と業者関係に疑問 過大請求も契約

抗議活動のカヌーを排除する海上保安官=沖縄県名護市の辺野古沖で2015年3月2日、本社ヘリから須賀川理撮影

 沖縄県名護市辺野古では、2014年の着工以降、移設反対派がカヌーなどで抗議活動を展開する。防衛省の説明によると、民間業者に海上警備を発注する理由は、逮捕権がある海上保安庁と反対派が本格的に衝突する事態を防ぐためだ。しかし、公金である警備費を過大請求した警備業者との契約を続けた同省の姿勢には疑問が残る。

 15年に元請けの大成建設が作成した「海上警備計画書」によると、警備の目的は「工事に伴い設定される作…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道震度7 主要活断層帯を刺激する恐れも
  2. 北海道震度6強 震源37キロ 異例の深さ
  3. 北海道震度7 海外観光客「怖かった」
  4. 元モーニング娘。 吉澤ひとみ容疑者 飲酒ひき逃げで逮捕 赤信号無視 2人ケガ(スポニチ)
  5. 訃報 バート・レイノルズさん82歳=米俳優

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです