メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

衆議院と参議院について教えてください。

衆議院と参議院

[PR]

解散かいさんある衆議院しゅうぎいん 任期にんきねん参議院さんぎいん

 Q 衆議院しゅうぎいん参議院さんぎいんについておしえてください。 (大分市おおいたししょう4 坂川心さかがわこころさん)

 A くに政治せいじ基本的きほんてき仕組しくみは、日本国憲法にほんこくけんぽうまっています。その憲法けんぽう国会こっかいを「唯一ゆいいつ立法機関りっぽうきかん」とさだめています。立法りっぽうとは、くに統一とういつしたルールである法律ほうりつつくることです。国会こっかいふたつの議会ぎかいからなる「二院制にいんせい」がとられていて、それが衆議院しゅうぎいん参議院さんぎいんです。

 それぞれの議員ぎいんはな場所ばしょ国会議事堂こっかいぎじどうです。東京都千代田区永田町とうきょうとちよだくながたちょうっています。正面しょうめんかって左側ひだりがわ衆議院しゅうぎいん右側みぎがわ参議院さんぎいんです。社会科見学しゃかいかけんがく修学旅行しゅうがくりょこうひとおおいですね。見学者用けんがくしゃよう出入でいぐち正面しょうめんではありません。見学者用けんがくしゃよう出入でいぐちからると、右側みぎがわ衆議院しゅうぎいん左側ひだりがわ参議院さんぎいんです。

 衆議院しゅうぎいん参議院さんぎいん国民こくみん代表者だいひょうしゃとしてえらばれた議員ぎいんたちがあつまって、法律ほうりつつくるためにはないます。ほかに、くにのおかね使つかかたしめ予算よさんなどもはないます。

 このように、衆議院しゅうぎいん参議院さんぎいんには共通きょうつうした役割やくわりがあります。二院制にいんせいには、さまざまな角度かくどから政治せいじ国民こくみん意見いけんれ、慎重しんちょうはなうという目的もくてきがあるからです。このため、それぞれの議員ぎいんえらかたにはちがいがあります。

 議員ぎいんかず衆議院しゅうぎいんが465にんで、参議院さんぎいんが242にんです。任期にんき議員ぎいんとして仕事しごとをする期間きかん)は、衆議院しゅうぎいんの4ねんよりも参議院さんぎいんの6ねんほうながいです。しかも衆議院しゅうぎいんには解散かいさんがあります。任期にんき途中とちゅうでも解散かいさんになれば議員ぎいんでなくなります。参議院さんぎいんには解散かいさんがなく、3ねんごとに半数はんすう選挙せんきょえらなおします。

 国民こくみん選挙せんきょ投票とうひょうできる年齢ねんれいはどちらも18歳以上さいいじょうです。選挙せんきょられる(被選挙権ひせんきょけんがある)年齢ねんれいは、衆議院しゅうぎいんの「25歳以上さいいじょう」よりも参議院さんぎいんの「30歳以上さいいじょう」のほうたかくなっています。ちなみに、議員ぎいんむねにつけるバッジも、衆議院しゅうぎいん赤茶色あかちゃいろ参議院さんぎいん濃紺のうこんです。

 衆議院しゅうぎいん解散かいさんがあるぶん国民こくみんあたらしい意見いけん代表だいひょうしているとみられ、衆議院しゅうぎいんめたことが参議院さんぎいんよりも優先ゆうせんされることがあります。「衆議院しゅうぎいん優越ゆうえつ」といいます。政府せいふのリーダーとなる総理大臣そうりだいじん指名しめい予算よさん法律ほうりつは、参議院さんぎいん衆議院しゅうぎいんちがうことをめた場合ばあい最終的さいしゅうてき衆議院しゅうぎいんめたことが国会こっかい決定けっていになります。

実態じったいは「うりふたつ」

 一方いっぽう解散かいさんがない参議院さんぎいんでは、任期中にんきちゅうの6年間ねんかんじっくりと政策せいさくはなうことができます。学者がくしゃ文化人ぶんかじんのようなひと数多かずおおえらばれるものとかんがえられ、「良識りょうしき」ともばれてきました。実際じっさいえらばれるのは衆議院しゅうぎいんおなじように政党せいとう政治家せいじかがほとんどで「衆議院しゅうぎいんのカーボンコピー(うりふたつ)」との皮肉ひにくかれ、独自どくじ存在感そんざいかんしめすことが課題かだいになっています。【木村健二きむらけんじ


疑問募集ぎもんぼしゅう

 まわりの素朴そぼく疑問ぎもんをおちしています。はがきにいて、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん疑問氷解ぎもんひょうかいがかりへおせください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです