メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『たべもの九十九』高山なおみ・著

他者に寄りかかりすぎず、自分自身を愛おしむ方法

◆『たべもの九十九(つくも)』高山なおみ・著(平凡社/税別1400円)

 料理家、高山なおみさんの文章とは20年来の付き合いだ。新刊が出る度に買い求めつつ、私は幾度もの引っ越しを経たり結婚したりしてきた。そのあいだ、ずうっと夫とふたりで東京暮らしをし、数多(あまた)のレシピを世に出し続けてきた高山さんの生活の落ち着きぶりに、本をめくることで触れながら、心の平安を得ていたのだった。

 50音順の食エッセー『たべもの九十九』は、これまででいちばん内省的な本である。2年前から神戸でひと…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文928文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです