メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『たべもの九十九』高山なおみ・著

他者に寄りかかりすぎず、自分自身を愛おしむ方法

◆『たべもの九十九(つくも)』高山なおみ・著(平凡社/税別1400円)

 料理家、高山なおみさんの文章とは20年来の付き合いだ。新刊が出る度に買い求めつつ、私は幾度もの引っ越しを経たり結婚したりしてきた。そのあいだ、ずうっと夫とふたりで東京暮らしをし、数多(あまた)のレシピを世に出し続けてきた高山さんの生活の落ち着きぶりに、本をめくることで触れながら、心の平安を得ていたのだった。

 50音順の食エッセー『たべもの九十九』は、これまででいちばん内省的な本である。2年前から神戸でひと…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文928文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]