メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

はしか、沖縄厳戒 流行拡大 「来県に注意」「接種を」

はしかのワクチン接種を受ける人=東京都新宿区で

 大型連休中に多くの観光客が訪れる沖縄で、強い感染力のある麻疹(はしか)の流行が続いている。沖縄旅行帰りの人が受診した医療機関で感染が広がった例も愛知県で報告されており、沖縄県はリスクが高い0歳児やワクチン未接種の妊婦の来訪延期を勧めている。【野田武、河内敏康】

 国立感染症研究所が24日発表した全国の今年の患者数(18日まで)は67人。うち46人が沖縄県での発生で、台湾からの旅行客を介してウイルスが入ってきたと考えられる。同県によると、23日現在で患者は70人に増えている。

 愛知県内では沖縄旅行から帰ってきた10代男性が11日にはしかと診断され、24日までに男性が受診した2医療機関での院内感染とみられる計4人の感染が報告された。うち1人は病院の職員、1人は1歳女児だった。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 男性を刺し殺そうとした疑い 元交際相手と父親を逮捕 父は自ら首切り死亡 宮城

  3. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  4. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  5. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです