メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラシック音楽祭

20周年のびわ湖ホールが開催 テノール・水口聡「歌劇の魅力ぎっしり」 演目多彩に来月4、5日

びわ湖ホールで始まる音楽祭に出演するテノール歌手の水口聡=大阪市北区で、加古信志撮影

 開館20周年を迎える大津市のびわ湖ホールが今春から、沼尻竜典芸術監督が総合プロデュースするオリジナルのクラシック音楽祭「近江の春」を開催する。格安で実力派演奏家を楽しめる小ホール公演や琵琶湖畔での野外オペラなど、沼尻のこだわりが詰まった音楽祭になりそうだ。

 今年は5月4、5日に開催する。注目は5日、小ホールである「歌手たちの競演」。国内外で活躍するオペラ歌手8人が交代で40分間のステージをつないでいく。

 午後3時からはテノールの水口聡が登場。びわ湖ホールオペラでは2009年の「トゥーランドット」でカラ…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文813文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]