メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界平和パゴダ

平和の歌声、パゴダ修復 北九州・門司で29日支援コンサート

 北九州市門司区にあるミャンマー式寺院「世界平和パゴダ」が今年、建立から60年を迎える。現在もミャンマー仏教会から派遣された僧侶2人が寺院を守るが、建物は老朽化が進み、大掛かりな修繕が必要な状態だ。「支援の一助に」と北九州と下関の両市民でつくる関門海峡合唱団が29日、パゴダで「平和と祈りの合唱コンサート」を開く。【長谷川容子】

 パゴダは1958年9月、当時のビルマ政府仏教会と地元有志が建立した。旧ビルマ戦線の戦没者慰霊などが目的で、出征兵士を送り出した門司港を見下ろすめかり山頂が、その地に選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです