メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桑名七盤勝負

目指せ!「知の頂点」 ボードゲーム7種を同時対局 東北初の開催、郡山で29日 /福島

 囲碁や将棋など7種目のボードゲームを同時に戦い知の頂点を決める「桑名七盤勝負郡山大会」が29日、郡山市駅前2の郡山市民プラザ大会議室で開かれる。三重県桑名市で生まれた競技スタイルで、大会の開催は東北地方で初めてという。

 参加者は、囲碁(9路盤)▽チェス▽連珠(競技用五目並べ)▽リバーシ(オセロ)▽バックギャモン▽将棋▽どうぶつしょうぎ--の7種目を1対1で同時に対局。トーナメント方式で「キング・オブ・ボードゲーム」を決める。

 桑名七盤勝負は、桑名囲碁将棋サロン庵(いおり)の代表、大川英樹さん(42)が「競技の垣根を越えて交…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文545文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  4. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  5. 風知草 身もフタもない=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]