メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

山梨県立甲府一高/4 考古学に夢膨らませ 中村誠一さん /東京

 ◆マヤ文明研究家・中村誠一さん=1975年度卒

 金沢大教授の中村誠一さん(60)=1975年度卒=は中米でマヤ文明を研究し続けてきました。考古学者になることを決意したのは山梨県立甲府一高時代でした。考古学の文献を読み込み、歴史の解釈を巡って世界史の先生と衝突したこともあったそうです。恩師と議論し、自らの考えをまとめ、夢を膨らませたと言います。【滝川大貴】

 子どもの頃から歴史好きの少年で、考古学を将来の仕事にしたいと考えたのは高校2年生の時です。当時、N…

この記事は有料記事です。

残り1882文字(全文2111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです