メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表現者たち

小説家・木下昌輝さん 人の業の実像に迫る

作家の木下昌輝さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、三村政司撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

 昨年、「敵の名は、宮本武蔵」(角川書店)で二度目の直木賞候補となるなど、新しい歴史小説の書き手として注目される木下昌輝さん。26日、戦国大名、宇喜多秀家を主役とする「宇喜多の楽土」(文芸春秋)を刊行する。秀家の父で「謀略」「裏切り」の形容がまとわりつく宇喜多直家の実像に迫ったデビュー作「宇喜多の捨て嫁」(同)から4年。「デビュー作で書ききれなかったことに決着をつけた」【谷田朋美】

 高校時代、部活仲間に文章を面白がられたのを機に、小説家を意識するように。ただ、歴史小説を書こうとは…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1074文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  3. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです