メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

小説家・木下昌輝さん 人の業の実像に迫る

作家の木下昌輝さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、三村政司撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

 昨年、「敵の名は、宮本武蔵」(角川書店)で二度目の直木賞候補となるなど、新しい歴史小説の書き手として注目される木下昌輝さん。26日、戦国大名、宇喜多秀家を主役とする「宇喜多の楽土」(文芸春秋)を刊行する。秀家の父で「謀略」「裏切り」の形容がまとわりつく宇喜多直家の実像に迫ったデビュー作「宇喜多の捨て嫁」(同)から4年。「デビュー作で書ききれなかったことに決着をつけた」【谷田朋美】

 高校時代、部活仲間に文章を面白がられたのを機に、小説家を意識するように。ただ、歴史小説を書こうとは…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです