メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと兵庫、大阪、京都

小説家・木下昌輝さん 人の業の実像に迫る

作家の木下昌輝さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、三村政司撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

 昨年、「敵の名は、宮本武蔵」(角川書店)で二度目の直木賞候補となるなど、新しい歴史小説の書き手として注目される木下昌輝さん。26日、戦国大名、宇喜多秀家を主役とする「宇喜多の楽土」(文芸春秋)を刊行する。秀家の父で「謀略」「裏切り」の形容がまとわりつく宇喜多直家の実像に迫ったデビュー作「宇喜多の捨て嫁」(同)から4年。「デビュー作で書ききれなかったことに決着をつけた」【谷田朋美】

 高校時代、部活仲間に文章を面白がられたのを機に、小説家を意識するように。ただ、歴史小説を書こうとは…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1074文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 勝敗は細部にあり 好走塁光る仙台育英、6歩のリードに見る須江監督の教え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです