メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

小説家・木下昌輝さん 人の業の実像に迫る

作家の木下昌輝さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、三村政司撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

 昨年、「敵の名は、宮本武蔵」(角川書店)で二度目の直木賞候補となるなど、新しい歴史小説の書き手として注目される木下昌輝さん。26日、戦国大名、宇喜多秀家を主役とする「宇喜多の楽土」(文芸春秋)を刊行する。秀家の父で「謀略」「裏切り」の形容がまとわりつく宇喜多直家の実像に迫ったデビュー作「宇喜多の捨て嫁」(同)から4年。「デビュー作で書ききれなかったことに決着をつけた」【谷田朋美】

 高校時代、部活仲間に文章を面白がられたのを機に、小説家を意識するように。ただ、歴史小説を書こうとは…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです