メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

文字は人権、思い胸に 読み書き学ぶ場を提供 大阪市内識字・日本語教室連絡会代表 丸山敏夫さん /大阪

識字教室について語る大阪市内識字・日本語教室連絡会代表の丸山敏夫さん=大阪市旭区で、金志尚撮影

丸山敏夫(まるやま・としお)さん(72)

 文字を書き、読む。その営みは単にコミュニケーション手段にとどまらず、「人権にも関わる大切なこと」。柔和な表情でそう語る。学齢期に十分に学校に通えなかったお年寄り。日本で暮らし始めたばかりの外国人。さまざまな事情で文字を学ぼうとする人たちの思いに応え、学習の場を提供する識字・日本語教室の運営に尽力している。

 元英語教諭。2009年に退職するまで、大阪市内の三つの中学校で36年間、教壇に立った。シンナーを吸…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです