メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早湾干拓事業

和解協議 「開門せず」明記避けて 3県漁業団体、共同文書内容 県有明海漁協要望へ /佐賀

 県有明海漁協は24日、佐賀市で運営委員長・支所長会議を開き、国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡る和解協議に対して福岡、熊本、佐賀3県の漁業団体で取りまとめる共同文書の内容を協議した。福岡高裁が示した、開門せずに漁業振興基金を国が創設する和解勧告で協議が進むことに難色を示す意見が出て、共同文書には「開門しない前提」との明記を避けるよう求めることが決まった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです