セクハラ疑惑

財務次官の辞任承認 調査継続、退職金保留

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
閣議後、財務省の福田淳一事務次官の辞任について記者団の質問に答える麻生太郎財務相=首相官邸で2018年4月24日午前9時57分、川田雅浩撮影
閣議後、財務省の福田淳一事務次官の辞任について記者団の質問に答える麻生太郎財務相=首相官邸で2018年4月24日午前9時57分、川田雅浩撮影

 政府は24日の閣議で、セクハラ疑惑が報じられた財務省の福田淳一事務次官の辞任を承認し、福田氏は同日付で辞任した。退職金約5300万円の支払いは保留し、今後の調査で処分に相当すると判断すれば減額する。女性社員が被害を受けたと発表したテレビ朝日の角南源五(すなみげんご)社長は同日の定例記者会見で「厳正かつ中立公正な調査が必要」と述べ、財務省が調査を委託した弁護士事務所に、中立性などをただす質問状を送ったことを明ら…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

あわせて読みたい

ニュース特集