メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「平成」提示、逝去3カ月半前 元号3案、昭和天皇急変後 竹下首相らに

 1989年1月7日の昭和天皇逝去の約3カ月半前に、「平成」を含む新元号の最終候補3案が、当時の竹下登首相(故人)と小渕恵三官房長官(同)に示されていた。官房副長官だった石原信雄氏(91)が毎日新聞の取材に明らかにした。88年9月19日に昭和天皇が吐血して重篤な状態となった翌日の20日の会議で、政治家を含めた首相官邸中枢が三つの元号案を初めて共有したという。

 19日夜の昭和天皇の吐血で、政府関係者には「代替わり」が現実に迫ったとの危機感が広がった。20日午…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文972文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです