特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

米中貿易戦争への懸念

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国内総生産(GDP)世界1位の米国と2位の中国。相手国からの輸入製品に高率関税を課す制裁措置を相次いで発表し、「米中貿易戦争」に発展する事態への懸念が高まっている。世界経済に悪影響が及ぶ前に、両国は振り上げたこぶしを下ろす妥協点を見いだせるか。そして、3位の日本はどんな役割を果たすべきか。

米製造業への悪影響必至 メアリー・ラブリー、米シラキュース大教授

 トランプ米大統領は大統領選から一貫して、米中両国の通商関係が「米国の利益になっていない」と主張し、中国への強硬姿勢が有権者の支持につながると考えている。鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限も、国内産業の保護が狙いだ。しかし、食品・飲料など缶詰や飲料缶に鉄鋼・アルミを使う米製造業は、業績悪化や雇用減が懸念される。韓国が鉄鋼輸出の自主規制を決め、カナダやメキシコ、欧州連合(EU)も当面は適用除外とされた…

この記事は有料記事です。

残り4144文字(全文4522文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集