メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

もう我慢しないぞ ニューヨーク支局・國枝すみれ

 「州政府に抗議してきたの」。米南部オクラホマ州の元音楽教師キャロリンさん(65)が動画を送ってきた。教育予算の増額を求めてストライキに入った教師らが州議事堂を取り囲み、1980年代の流行曲「We’re Not Gonna Take It(もう我慢しないぞ)」を歌っている。生徒や親も加わり、数万人規模にまで膨らんでいた。

 公立校の教育予算の不足は全米共通だが、オクラホマは特にひどい。1年前から一部の公立校は週4日制に移行。休校日を1日増やせば、スクールバスの運営費や校舎の電気代が浮くからだ。実施校は「毎日の授業時間を増やし、総授業時間は減らさない工夫をしている」と言うが、明らかに異常事態だ。現役教師は、生活費をまかなうために「売血している」「二つのスーパーでレジ打ちしている」と口々に訴えた。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  3. 「崩落の前兆」危機感共有されず 対応後手に 逗子・女子高生死亡

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです