メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

点字、読んで触って ユニバーサル絵本 神奈川の団体、貸し出し活動10年

無料で貸し出している点字付き絵本を手にする大下利栄子さん=神奈川県葉山町で

 視覚障害のある人もない人も一緒に楽しめる点字付きの「ユニバーサル絵本」。貸し出す活動を続けている市民団体「ユニリーフ」(神奈川県葉山町)は今年、活動開始から10年を迎える。見える、見えないの垣根を越えて、絵本の楽しさを共有する場が広がっている。

 ユニリーフ代表の大下利栄子さん(58)は2008年、知人を通じて、イギリスで普及しているユニバーサル絵本の存在を知り、日本でも広めたいと活動を始めた。

 大下さんの次女歩(あゆみ)さん(21)は、2歳半の時に網膜にできるがんがきっかけで視力を失った。たくさんの友達の中で育ってほしいと、小学校は地元の普通学級に入学。障害児として必要以上に特別扱いをされていると感じることがあったという。「障害のある子もない子も同じように楽しめるものが少しでもあれば、一緒にできることが増えるのでは」との思いでユニリーフの活動を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです