メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳成人

「早く自覚持てる」「未熟」 民法改正案、審議入り

 現在20歳の成人年齢を18歳に引き下げる民法と関連する22の法改正案は24日、衆院本会議で審議入りした。上川陽子法相は趣旨説明で「選挙権年齢が18歳以上となるなどの社会経済情勢の変化に鑑み、引き下げを行う」と述べた。成立すれば約140年ぶりの見直しとなり、政府は2022年4月施行を目指すとしている。【まとめ・和田武士】

 改正案では、女性が結婚できる年齢も16歳以上から男性と同じ18歳以上とする。一方、飲酒と喫煙、公営…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1678文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. モルシ・エジプト元大統領死去 67歳 軍クーデターで13年解任
  4. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです