メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

昭和天皇急変 吐血翌日に3元号案 竹下首相ら共有

 1989年1月7日の昭和天皇逝去の約3カ月半前に、「平成」を含む新元号の最終候補3案が、当時の竹下登首相(故人)と小渕恵三官房長官(同)に示されていた。官房副長官だった石原信雄氏(91)が毎日新聞の取材に明らかにした。88年9月19日に昭和天皇が吐血して重篤な状態となった翌日の20日の会議で、政治家を含めた首相官邸中枢が三つの元号案を初めて共有したという。

 19日夜の昭和天皇の吐血で、政府関係者には「代替わり」が現実に迫ったとの危機感が広がった。20日午…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです