メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首脳会談

イラン核合意、仏が新提案 米引き止め狙いか

 【ワシントン三木幸治、パリ賀有勇】トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスでフランスのマクロン大統領と会談し、イラン、シリア情勢などについて協議した。トランプ氏が5月にも離脱を検討するイラン核合意について、マクロン氏は核合意を維持しつつ、中東の安全保障問題を包括的に解決する「新しい合意」を将来的に結ぶべきだと提案。トランプ氏はマクロン氏の提案を評価しながら、今後の行動については明言を避けた。

 トランプ氏は政権発足後、初の国賓としてマクロン氏を招待。欧州首脳で最も緊密な関係であるマクロン氏と…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです