メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尼崎脱線

亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

看護師として働く上田篤史さん=神戸市中央区で2018年4月19日、久保玲撮影

 JR福知山線脱線事故で兄昌毅(まさき)さん(当時18歳)を亡くした上田篤史さん(28)=神戸市中央区=は、救急患者らを受け入れる集中治療室(ICU)の看護師となり、7年目を迎えた。「あんな思いをする人を一人でもなくしたい」と選んだ道。命を救いきれず、泣き崩れる家族に「あの日」の自分が重なり、心が折れそうになる時もある。「大丈夫、篤史ならできる」。生前の兄の言葉に支えられ、命の重みに向き合う。

 13年前の4月25日、高校1年生だった上田さんは夕方まで事故の発生を知らなかった。部活が終わって携…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです