近鉄

橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 25日午前7時45分ごろ、近鉄南大阪線の矢田(大阪市東住吉区)-河内天美(大阪府松原市)駅間の大和川にかかる「大和川橋梁(きょうりょう)」(全長197メートル)で、橋脚の傾きを知らせるセンサーが異常を感知した。近鉄は橋梁上の線路がゆがみ、橋梁も傾いているとみて原因を調査している。復旧の見通しは立っていないという。

 同線は午前8時過ぎから大阪阿部野橋(大阪市阿倍野区)-河内天美駅間の上下線で運転を見合わせており、JRや南海線などで振り替え輸送している。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文577文字)

あわせて読みたい

ニュース特集