高知

小中学校の屋上にヘリサイン 南海トラフ地震に備え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初月小の屋上に設置されたヘリサイン(県公共嘱託登記土地家屋調査士協会提供)
初月小の屋上に設置されたヘリサイン(県公共嘱託登記土地家屋調査士協会提供)

 南海トラフ巨大地震が発生した際、高知県外の救援ヘリが上空から確認できるよう、県公共嘱託登記土地家屋調査士協会(高知市越前町2)が、小中学校の屋上にヘリサインを設置する取り組みを続けている。

 社会貢献事業の一環で、2015年から高知市立小・中学校などの屋上にヘリサインの設置を始めた。サインは各校舎屋上に敷いた緑色塗料上に、黄色…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

ニュース特集