メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北九州

平和の歌声、パゴダ修復 29日支援コンサート

建立から60年を迎えた世界平和パゴダ=北九州市門司区門司で2018年4月20日、長谷川容子撮影

 北九州市門司区にあるミャンマー式寺院「世界平和パゴダ」が今年、建立から60年を迎える。現在もミャンマー仏教会から派遣された僧侶2人が寺院を守るが、建物は老朽化が進み、大掛かりな修繕が必要な状態だ。「支援の一助に」と北九州と下関の両市民でつくる関門海峡合唱団が29日、パゴダで「平和と祈りの合唱コンサート」を開く。

 パゴダは1958年9月、当時のビルマ政府仏教会と地元有志が建立した。旧ビルマ戦線の戦没者慰霊などが…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文939文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『これは経費で落ちません!』多部未華子に高評価 満足度右肩上がり

  2. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです