はしか

病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県は24日、県内5人目のはしか感染を発表した。最初に感染が確認された10代男性と同じ10日に同県東郷町の医療機関を受診した1歳女児で、翌11日にはしかの予防接種を受けたが既に感染していたとみられる。

 男性がほかの日に受診した名古屋第二赤十字病院(通称・八事日赤、名古屋市昭和区)も24日、既に感染が確認されている男性ら4人が同病院を受診していたと発表。病院が感染経路になっており、県などは、感染が疑われ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

あわせて読みたい

注目の特集